FC2ブログ
愛媛の育児情報です。気軽にのぞいてくださいね♪


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
健康診断(for 親)
子供の検診は年齢ごとに案内が届きますが、親は各自で管理をする必要があります。
できれば年1検診がおすすめだそうです(^^v
ここでは松山市がしている公的検査を紹介記載します。
思いたったら・・・申し込みをされてくださいね♪
 
検診には、
★基本の健康診査(血液検査、尿検査など・・)★がん検診の2種類があります。
負担はかかりますが、できればどちらもおすすめです。
仕事と年齢によっても申し込み先が違うので、
それぞれについて簡単に書きだしますが、詳細は下記にてご確認くださいね!

★基本の健康診査について

★がん検診について

★病院の人間ドックについて


スポンサーサイト
【2009/06/01 11:16】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
がん検診について(松山市)
★各種がん検診

決められた日時に、松山市保健所・公民館・農協等の会場で行われます。

女性は、婦人検診(子宮がん検診、乳がん検診)もまとめて受けると1度で済むので、
松山市保健所(水曜・日曜実施、要予約)の検診がいいかもです。

・実施の日時・場所について
・松山市保健所
原則毎週水曜日に全ての検診を実施。
原則月1回日曜日に全ての検診を実施。

予約先:愛媛県総合保健協会
0120-636-489(平日9時~17時まで受付)

・JA、公民館、厚生連健診センター、愛媛県総合保健協会付属診療所
予約不要。
日時や内容、場所については、下記サイトの下のほうにある、
PDFファイルにてご確認ください。

詳細は→「松山市がん検診について」
【2009/06/01 10:47】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
基本の健康診査について(松山市)
強調文★基本の健康診査
<18歳~39歳>
名称:「18歳からの健診」男女問わず。
条件:松山市内に住民登録があり、
    職場などで健康診断を受ける機会のない18歳から39歳までの人。
受診回数:年度に1回。
診場受所 :松山成人病センター診療所
健診の詳細 :「一般検査」
問診、診察、血圧測定、検尿(蛋白・糖)、身体計測(身長・体重・腹囲)
血液生化学検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)
糖尿病検査(血糖)、貧血検査(血色素・ヘマトクリット値・赤血球数・  
白血球数・血小板数)、
骨粗鬆症検診(女性のみ)
自己負担額: 男性:一般検査のみ 800円
女性:一般検査+骨粗鬆症検診 1,000円
お問い合わせ&予約先:松山市保健所 健康づくり推進課 089-911-1819

<40歳~74歳>
名称:「特定健康診査」
所属する医療保険者(国民健康保険、健康保険組合、共済組合など)に義務づけられ、
 各保険者が実施するようになります。
詳細につきましては、
ご自身が加入する医療保険の保険者(保険証下部に記載されている保険者)までお問い合わせください。

・松山市国民健康保険加入の場合
松山市役所 国保・年金課 089-948-6375
「松山市国保・年金課ホームページ」

・愛媛社会保険事務局加入の場合
全国健康保険協会愛媛支部 089-947-2100
「全国健康保険協会愛媛支部」
検査項目
・被保険者の場合
(1)~(5)項目参照。
・被扶養者の場合
「特定健康診査とは」項目
参照。

<75歳以上の方>
愛媛県後期高齢者医療広域連合が主体となり実施されます。
問合せ先:松山市役所高齢福祉課 089-948-6941
【2009/06/01 10:44】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
病院の人間ドック(松山)
各病院でも、人間ドックなどを有料で行っています。
松山の大手病院のリンクもはっておきますので、参考になさってくださいね!

松山赤十字病院さん
サイト右に「人間ドック」項目があります。

愛媛県立中央病院さん

松山市民病院さん

NTT西日本 松山病院さん

浦岡胃腸クリニックさん

南松山病院さん

四国がんセンターさん

松山城東病院さん

梶浦病院さん


* 病院の一例で、全てではありません。
行きつけ病院のホームページでも探してみられてくださいね!

「がんドック」「PET-CT」「脳ドック」「肺がんドック」などいろいろあるようなので、
見られてみてくださいね。
【2009/06/01 10:03】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供の救急情報<病院>
その日の救急医療機関が分かるテレホンサービス
089-925-6633(消防局 通信指令課)

<愛媛県小児救急医療電話相談のご案内>
◎短縮ダイヤル #8000 または、 ◎ 089-913-2777

利用できる時間帯 土・日、祝日、年末年始  19~23時
お子様を救急病院へ連れて行く前にご利用ください。
医師や看護師から家庭での応急処置の方法などについてアドバイスがもらえます。

↑携帯に登録しておくといいですよね(^^v

<平日・月曜~土曜>
日中:かかりつけ医
夜間:松山市急患医療センター
小児科 21:00~翌8:00(受付:20:30~)
日曜日:翌0:00~8:00(日曜は23:30~)
内科 21:00~0:00
連絡先(089)922-1199
(混み具合など聞くことができます。)
本町の消防署裏、松山市保健所の奥です。
注意は、
小児科は土曜18~21時までの間診察がないので、緊急時は救急に連絡を。

<日曜・祝日・正月三が日>
松山成人病センター
連絡先(089)915-7701
内科:9:00~15:00
内科・小児科:15:00~21:00
(休憩時間:12:00~13:00 17:30~18:30)
柳井町2丁目です。

<休日夜間・救急歯科>
愛媛県口腔保健センター
日曜日・祝日:9:00~15:00
連絡先(089)932-5047
松山成人病センター横です。


詳しくはこちら↓
愛媛県保健福祉部/救急医療・小児(救急)医療のページ
【2008/11/03 22:38】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「医療相談」「食の安全」相談窓口
<愛媛県庁> 医療に関する苦情や相談

<保健所>「患者の声相談コーナー」

「食の安全・安心」総合相談窓口
【2008/02/15 10:34】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
松山市の相談事業
0歳、1~2歳、3~5歳、小学生、中高生
それぞれの支援先、相談先リンクがあります。

小学生の教育総合相談・児童相談・子育て支援相談室など

母子相談・父子相談・婦人相談など

公共の施設でこういう子供の相談があるのは本当ありがたいと思います。
匿名可だそうなので、1人で抱え込まず、お電話してみてくださいね!
【2008/01/28 16:45】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
産婦人科の選び方?
産婦人科の選び方

・「もしも・・」に対応できる
緊急時に24時間体制で電話対応できるのか、対処できる機器が揃っているのか、
ない場合どこの病院に搬送されるのかなど、きちんと説明・対応のできる病院。

・そう遠くない
緊急時や出産前など、自宅からすぐ移動をしないといけないので、
できるならば近いほうがいいと思います。

・自然分娩か計画分娩か?
主流は自然ですが、体や家族や病院の都合で、出産日程設定をする場合もあるそうです。

・自然分娩か無痛分娩か?
特に痛みに弱い方。
欧米では無痛が主流らしく、日本では自然が多いかな。

・出産スタイル
旦那さんの立会いの有無。
呼吸法や出産体位など。
最近は陣痛室→分娩室の移動がない、一体型のベッドもあるそうです。

・先生との相性
出産までの10ヶ月、不愉快きわまりない応対ならストレス。。
体に特に問題がないなら、病院に断らなくても病院をかわっても可。

・病院のサービス
出産までの母親教室やマッサージ、エアロビやヨガ、育児指導など、
病院によって内容が違います。

・入院スタイル
母乳保育推奨かそうでないか?
赤ちゃんとは母子同室か一部同室か全別室(通い)か?
個室か大部屋か?
お世話レッスンの有無(おむつの替え方、入浴の仕方など)
食事内容。
家族(兄弟姉妹も含めて)の面会時間の確認。

・料金
25万~50万近くまで病院や条件に応じて設定はそれぞれです。

・口コミ
友達や近所の方にちょっと聞いてみるのもいいかと思います。
クチコミなら

○満足のいくご出産になりますように(^^*
【2007/09/23 15:03】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
助産院って?
松山助産院
* 平成18年8月に全面改築

2人目出産の時、上の子は?と悩まれる方も多いのではと思います。
実家が近く預けられる方はいいのですが、
そうでない方はここは家族宿泊もできるので、
1度お話を聞かれてみてはいかがでしょうか?
詳細な検診など、近くの総合病院とも提携されています。

ここの院長先生をされている方は元日赤の婦長さんだそうで、
私が出産した総合病院の助産婦さんからも相当慕われていました。
母乳相談だけでも受けられ、おっぱいケア、ベビービクスもあります!
【2007/09/23 14:47】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
救急・医療
緊急の場合は119にかけて、すぐ判断と指示をあおいでください。
どこへ行ったらいいのか分からない場合は、
その日の救急医療機関が分かるテレホンサービス
089-925-6633(消防局 通信指令課)」へ。

<平日の日中>かかりつけ医へ

<平日の深夜・早朝>
松山市急患医療センター

<日曜日>
松山成人病センター


えひめ救急医療ネット
まめに更新されていて便利です。
トップの下に「携帯電話情報サービス」のアドレスもあるので、
携帯にブックマーク登録がおすすめ!

松山市医師会
各科の週間医療情報が分かるので、メールマガジンがおすすめ!
医療機関検索もできるので、近くの病院が分かります。
【2007/09/23 14:16】 相談・医療 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。